ぼくはこの方法で禁煙に成功しました

こんにちは!Takuya.B(@TB_IQ)です。

9月1日に禁煙を始めてから1ヶ月以上が経過していました。

タバコを吸わなくてもカフェにも行けるし、飲み会にも行けるようになりました。長距離運転もなんのそのです。

この記事では私の禁煙成功までのステップをまとめます。前提条件が人により異なるかと思うので、再現性は低いかと思います。ですが、一つの参考例としてあ禁煙を志すなたの力になれればと思います。

スポンサーリンク

STEP1 紙タバコ→電子タバコに移行する

思い返してみれば、紙タバコからiCOSに乗り換えたのは良かったと思います。

その理由として「タバコ = 臭いもの」と認識できるようになったから。iCOSも喫煙にほかなりませんが、紙タバコのニオイが臭いと感じるようになりました。

必ずしも電子タバコに切り替える必要は無いかもしれませんが、私は1年以上iCOSを利用していて普通の紙タバコが臭いと感じれたので、吸いたい欲求で紙タバコを買いにコンビニに走ることはありませんでした。

STEP2-2 iCOSを手放す

これは非常に重要だと思います。吸いたくなったときのためにiQOSは持っておこうみたいな思考は辞めましょう。それはタバコを辞める気がない証拠です。

私も何度もそれで失敗していました。

禁煙したいならiCOSは手放しましょう。私は禁煙を志したその日に処分しました。

STEP2 ニコレット(ノーマル以外)を利用する

次のステップとしてニコレットのノーマル以外を服用するようにしましょう。

僕はニコレットクールミントを利用しました。96個入と24個入を購入して服用しました。1日8-10個ほど利用していたような気がします。

吸いたくなったらとにかくニコレットを噛んでいました。

STEP3 ニコレット(ノーマル)を利用する

ニコレットクールミントはACUOやクロレッツみたいな食べやすさがあります。そのため、禁煙補助剤ということを忘れ、通常のガムと同じように連続して食べてしまいそうになります。

タバコは辞められたけど、ニコレットが辞められないのでは意味がありません。

そこで、私はマズいニコレットを食べようと考えました。

ニコレットは様々な味のバリエーションがありますが、ノーマルのニコレット(無印)は「マズい」と言われているのを知っていました。

もうこの時点でタバコを吸いたいとは感じませんでしたが、ニコレットを食べないとなんかソワソワしてしまうという段階。

このノーマルニコレットが美味しいものではなかったので、自然と数を減らそうとなりました。

ノーマルニコレットは12個入を1つ買いました。これを使い切ってから、禁煙補助剤は一切使用していません。

スポンサーリンク

おわりに

この記事は下記の記事に則っています。

というわけで、次回もよしなに!

 

 

About me
Takuya.B
大学院博士課程まで進学して宇宙系の研究に取り組むも中退。現在は本業iOSエンジニアとして勤務する傍ら、副業として個人ブロガー向けのWordPressカスタマイズサービスに取り組んでいる。

WordPressテーマ『MIKA』製作者でありブログサポートコミュニティ『Tea Room』運営。