2017年も手帳は『ほぼ日手帳カズン』で決まり!4年目にして初めて決めた使い方をご紹介!

こんにちは!Takuya.B(@TB_IQ)です。

私にとって12月は来年の手帳選びの季節です!LOFTや東急ハンズの手帳コーナーで色々手にとってみるのですが、どれもしっくりこない…。

というわけで、2017年もほぼ日手帳カズンに決めました!

スポンサーリンク

この大きさ・重量感が丁度いい!

手帳といえば、ポケットサイズで軽いのが理想です。しかし、ほぼ日手帳カズンはB5サイズです。それでいて365日分のデイリーページ、週間バーチカルにマンスリーページが用意されているので案外重いです。

これが365日分あるのじゃ!そりゃ重い!

ポケットサイズの『ほぼ日手帳』より『ほぼ日手帳カズン』の方が紙面が広いので何でも書き出すことができます。手帳にしては少し重いですが、毎日手に取っていると、この重さに安心感的なものを覚えます。

使っているのはジェットストリーム0.5の3色タイプです。月日が経つと裏面に文字がにじんでしまうのが難点ですが、書き心地は最高でオススメです。

▼ほぼ日手帳にはジェットストリームがオススメ!

2017年は使い方を変えてみようと思う

2017年はほぼ日手帳の使い方を少し変えてみようと考えています。とはいっても、これまで手帳の使い方を決めてなかったので、来年はルール的なものを決めてトコトン使い込むことを目標にします。

関連記事

こちらの記事でも紹介しているとおり、週次計画にはほぼ日手帳の週間バーチカルを使います。

白紙の週間バーチカル。ここにスケジュールを埋めていく

毎週土曜日に行う週次レビューのタイミングで翌週のスケジュールを埋めて、空いている時間を確認できるようにします。月次計画から週間目標を転記して、7日それぞれに配分し、最終的にTaskChuteCloudで日次計画として管理します。

白紙のデイリーページ。ページ左側の時間軸は特に意識しない。

そして、ほぼ日手帳の大部分を占めているデイリーページですが、こちらはタスクの洗い出しや気になること、考えたことなどを簡潔にまとめようと考えています。1日の行動ログはTaskChuteCloudで記録するので、デイリーページ左側の時間軸は特に意識しません。

ここに書き出すのは一時的なもので、最終的にToodledoやEvernoteに保存します。

▼1日の計画・行動ログはTaskChuteCloudがオススメ

▼ほぼ日手帳を使った手帳術はこちらを参考にしました

スポンサーリンク

まとめ

ほぼ日手帳カズンを初めて使ったのは2014年のことです。使いはじめて4年が経ちましたが、今まで年間通して使い込めていませんでした。

ほぼ日手帳では白紙のページも思い出の1ページと考えられていますが、できることなら全ページを埋めたいものです。来年はそうできるよう尽力します!