Takuya.Bの2020年までの長期計画~経済的基盤の形成と勝負の3年間~

photo credit: Zengame P4150329 via photopin (license)

photo credit: Zengame P4150329 via photopin (license)

こんにちは!Takuya.B(@TB_IQ)です。

ここ最近、体調を崩していました。熱も無く、咳も出ないのですが妙にダルいという感じです。具体的な症状が出ていないため、仕事を休むこともできず、空いた時間に休むという生活を送っていました。

ろくに作業も身が入らないので、これからの目標についてお布団の中で考えていました。ある程度まとまってきたので報告致します!

スポンサーリンク

ブログで収益を上げる~経済的基盤の形成~

まずはこれです。私はブログだけで生活を送れるようになりたいとは思っていませんがブログだけで生活できる力は必要だと考えています。

これはある意味、保険的な考え方です。私は仕事をお金を稼ぐためのものと考えたくはありません。しかし、現実的に大多数の方がお金を稼ぐために仕事をせざるを得ないので、『仕事をする目的=お金を稼ぐため』という共通認識になってしまっているのだと思います。

しかし、仕事とは誰かのニーズを満たすためのものです。将来、研究業かエンジニア業のどちらに就くかはまだわかりませんが、少なくともお金のことは意識せず働きたいと考えています。

そして、今はブログで飯が食える時代になりました。決して簡単とは言いませんが、不労所得を得るという点では、従来より遥かに敷居が低くなりました。これは皆様もご存じの通りです。

不労所得は有るに越したことはありません。“お金のゆとりは心のゆとり”です。

なのでブログはこれからも続けます。2020年までは少なくとも続けます。

これから3年間が本当の勝負期間

私はこれから博士課程に進みます。周囲の学生や教授陣は、こんな風にブログやバイトをやっている学生は白い目で見ていることでしょう。

しかし、私にとってはこれからの3年という期間がどうしても必要なのです。博士課程に進むということは最後の猶予期間を得るようなものとも言えるでしょう。

私は大学院に進み、現在のIT企業でのバイトを始め、どちらの世界もクリエイティブで楽しい世界ということを知ってしまいました。

だからこそ、どちらに転んでもトップスピードで働けるようになる必要があります。そのためにはこれからの3年が必要なのです。

もちろん、大学側から『進学させねーよwww』という対応を取られれば、エンジニアとして生きていく覚悟はできています。しかし、そうならないためにも、これから3ヶ月で修士論文を質の高いものに仕上げていきます。

これからの3ヶ月間が今後3年間を得るために超重要です。まさに前哨戦です。

そして今後3年間が、これからの人生をより充実させるためにも超重要です。私にとっての勝負の3年間です。

スポンサーリンク

まとめ

これから3年間は始終臨戦態勢で臨む必要があります。

そして前哨戦としての修士論文執筆までの3ヶ月間。会社にも事情を説明し、シフト調整をして頂きました。これで準備がほとんど整いました。

体調も徐々に回復してきたので、今日から1月31日まで戦闘開始です!!

やったるでー!!

関連記事