むやみに加入はNG?オンラインサロンに入る前にやっておくべき2つの行動

photo credit: JoanDragonfly Auditory Learner via photopin (license)

こんにちは!Takuya.B(@TB_IQ)です。

9月はオンラインサロンに対する批判が目立ったように思います。そんな中、わたしはヒキコモリズム井上さん(@luckyman0302)の『在宅で稼ぎ散らかすサロン』に入会しました。

先日の記事の中でもサロンに入ったメリットの1つを述べています。

詳しくはこちら!

最近、本当にオンラインサロンに批判的な文書を見かけます。それだけ世の中にはメリットを感じづらいサロンが存在しているのでしょう。わたしはサロンに入ってからメリットしか感じてないので、本当に良いサロンに入れたのだと思います。

自分にとってメリットがあるかどうかは実際に入ってみないとわかりません。ですが、どうせならお金を支払う前に見極めたいもの。

そこで、オンラインサロンに入ろうか迷っている人向けに『入会する前にこれだけはやっておいた方が良い』ポイントをお話します!

スポンサーリンク

オンラインサロンに入る目的を明確にする

まずはオンラインサロンに入る目的を明確にすることです。

これは何事にも言えますが、行動は目的があるからこそ生じます。目的が無いとモチベーションも維持できないので行動は長続きしません。

ですから、オンラインサロンに入る前に

  • そのサロンに入りたいのか。
  • サロンに入って何を学びたいのか。
  • 学んだことをどのように活かしたいのか。
  • 最終的にどのような結果に至りたいのか。

このあたりを明確にしておくと、自分がどのようなサロンに入るべきなのか、方向性を定めることができます。

ちなみに私の場合、『稼ぐ力を身につける』という明確な目的がありました。だから、『在宅で稼ぎ散らかす』っていうテーマを掲げている井上さんのサロンに入会したわけです。

入りたいオンラインサロンの情報収集をする

オンラインサロンに入る目的が明確になったら、どのサロンに入るべきなのか情報収集をしましょう。

このとき、実際にそのサロンに入っている人の声を聞くのが一番です。

例えば、オンラインサロンのレビュー記事を読むのもアリですし、SNSで実際に聞いてみるのも一つの手です。

ただ1つ注意して欲しいことは退会寸前の人の話や熱烈な信者みたいな人の意見を鵜呑みにしないことです。

というのも、そのような人たちは盲目的になっていることが予想されるからです。

例えば、加入しているオンラインサロンに不満があり退会寸前な人は感情的になっているため、そのサロンのデメリットの部分だけしか述べないかもしれません。その一方で、サロン運営者を神と崇めているような熱烈な信者の人は、メリットの部分しか述べないかもしれません。

ですから、一番良いのは「自分はこういうメリットがあるから退会せずに続けてるんだけど、こういうことを望んでいる人には向かないかもよ」というように、そのサロンの良い面、足りていない面の両方について意見をくれる客観的視点を持った人に意見を聞くのがベストです。

ちなみにヒキコモリズム井上さんのサロンは本人も宣伝ページで注意喚起しているように、本当に馴れ合いたいだけの人にはオススメできません。専用のFaceBookグループに雑談チャットがあるんですが、本当に皆気分転換に触ってるんだろうなってレベルで更新されません笑

なので馴れ合いたいだけの人は別のサロンに入るのがオススメです。

スポンサーリンク

結局のところ、実際に入ってみて行動してみるしかない

そのサロンが本当に自分にとって良いものなのかどうかは、実際に入ってみないとわかりません。当たり前ですけどね。

そして、実際に行動することが大事です。

ブログの運営にしろ、SNSの活用にしろ、何かしらのノウハウがサロン内で公開されているのであれば、実践してみる。実践してダメだった場合は、何がダメなのか検証してみる。サロンの運営者やメンバー同士で何がダメなのか議論する。

このように能動的に取り組まないと、たとえオンラインサロンに入っても結果に繋がりません。

積極的に行動を起こし、ノウハウも全て実践してみて、それでもなんか違うと思ったら退会すればいいんです。

まとめ

結局のところ、実際に入ってみるのが一番です。ですが、その前に

  • オンラインサロンに入る目的を明確にする
  • オンラインサロンに実際に入っている人に話を聞く

この2つだけを必ずやっておくと、無駄にお金を払うリスクを回避できるので試してみてください。

ちなみに、私は1月に学生バリスタのKAZUくんに井上さんのサロンを勧めてもらってました。その時点で入ってみたいなーと思ったんですけど、当時はタスク管理に注力していて、まだ稼ぐ力を身につけるという目的が明確化されてませんでした。

なので、私も実際にこの2つのポイントを実践した上でサロンに入ったというわけです。是非、お試しあれ!