もう『自分らしく生きる』って言葉を辞めにしないか?

photo credit: Bernd Thaller Galaxy via photopin (license)

photo credit: Bernd Thaller Galaxy via photopin (license)

こんにちは!Takuya.B(@TB_IQ)です!

最近、他人のブログを読んでいると「自分らしく生きる」とか「自分らしさ」って言葉が蔓延している気がします。会社に縛られず自由に生きることが自分らしさだったり、イエスマンを辞めることが自分らしさだったり、自分だけハッピーなのが自分らしさ、自分勝手に生きることが自分らしさと、もはや個性とか自分らしさという言葉の意味がわからなくなってしまうほど蔓延しています。

ちょっと落ち着いて考えてみましょう。

スポンサーリンク

“自分らしく生きる”という言葉は間違い?

そもそも“自分らしく生きる”という言葉自体に私は疑問を覚えます。

「えっ?自分らしく生きてきた結果が今のお前なんじゃねえの?」

おそらくどんなにクズでアホな生き方をしている人も、人から賞賛される生き方をしている人も、自分らしく生きています。

自分らしく生きられて居ない人は“奴隷的扱いを受けている人”くらいでしょう。最近の例でいうと、ブラック企業で血反吐を吐きながら仕事をしている方でしょうか。ここら辺に深入りすると炎上案件になりかねないので割愛します。

現代においてブラック企業に勤めて自分らしさどころか人間として扱われていないのであれば話は別ですが、ほとんど大抵の方は自分らしく生きられているのではないでしょうか?前述の通り、仕事終わりのビールもあなたらしく生きているのでしょうし、家庭を顧みず仕事一筋に生きるのもあなたらしく生きているということではないでしょうか?

つまり、ほとんどの人は自分らしく生きているので、「自分らしく生きる」という言葉に疑問を覚えてしまうというわけです。

「自分らしく生きる」の意味を履き違えていないか?

そして、「自分らしく生きる」というよくわからん言葉と最近のブログ界隈の“自己肯定感ブーム”がハイブリッドして

自分らしく生きる=自分勝手に生きる

を表しているように思えてなりません。“自分らしく生きる”とか“自己肯定”ってあくまで自分自身の中での話であって、他者を不快な気持ちにしたり迷惑を掛けたりしてまで貫くべきことでは無いと思います。

「自分らしく生きる」にこだわっていると自分らしく生きられない

私が他の人のブログを見ているとやたらと「自分らしく生きる」という言葉が蔓延しているので、少なくとも自分らしく生きている1つの例として需要はあるんだと思います。

ですが、他人の“自分らしく生きる方法”をいくらコピーした所でそれは“自分らしく生きる方法”とはいえないのでは無いでしょうか?その参考にしたサイトの運営者らしく生きる方法ですよね?

だから、ネットでいくら『自分らしく生きる』方法を調べて、それっぽい綺麗事を並べているページを見つけて参考にして生きても、それは自分らしく生きられている訳ではありません。こればかりは自分の頭で考えなければなりません。

そこで以下の4つについて自分の頭で考えて行動してみて下さい。最終的に出た結論があなたの『自分らしく生きる』方法です。

  1. あなたの自分らしさとは何か?
  2. 自分らしさを周囲に潰されていないか?
  3. 自分らしさを潰されている現状を変えるにはどうすればよいか?
  4. 具体的に行動をおこす
  5. 必要に応じて3~4を繰り返す

非常にシンプルなことなんですけど、“行動”が含まれると途端に思考がストップしてしまう人がいます。もしくは考えただけで満足して行動を起こさない人がいます。

そういう人に一言。

それがあなたの『自分らしい生き方』ですよ

考えただけで行動しないのも自分らしさ。自分らしく生きられてないとボヤきつつ現状を変えようと行動をしないチキン的生き方もあなたの『自分らしい生き方』です。

ここまで来れば、もう何が『自分らしい生き方』なのか皆さんならわかるはずです。

ちなみに私の『自分らしい生き方』と極論

ちなみに私の生き方は『自分が楽しいと思えることをやる』に尽きます。研究も仕事も遊びも何でもそうです。人生とか生き方なんて自分がこれでいいと思ったらそれでいい訳で、いちいちしつこいくらいに『自分らしく生きる』で悩む意味が私にはわかりません。

自分らしく生きるという考え方は“他者と比較して”というのが付いてきます。他者が居なければ『自分らしく生きる』という考えすら思いつかないでしょう。

で。

『自分らしく生きる』という言葉が輝いて見える人や『自己肯定感最高ヒャッハー』系の人なら既におわかりだと思いますが、他人を意識して消耗するなんて、もう卒業してますよね?ちょいと言いすぎかもしれませんが、『他人はどーでもいい』レベルなんですよね?

で、あれば。

他人と比較することにおいて生まれる『自分らしく生きる』という考え方もどーでもよくないですか?

その考えを持つこと自体が『自分らしく生きられていない』証だと思います。

スポンサーリンク

あとがき

最近、気持ち悪いと思うレベルで『自己肯定感』とか『自分らしく生きる』とかを目にしてきたので、自分もこのあたりについて考え抜いてみたんですが、最終的に行き着く先は『どーでもいい』でした。

しかし、このあたりは本当に難しい話ですね…。まとめてみましたが、一概には言えない点が多すぎる気がします。

『自分らしく生きる』の本質を考えてみたつもりですが、巷に溢れかえっている自分らしく生きる系記事を参考にしつつ、私の今回の考え方も(もし参考にしてくれるなら…)参考にしつつ、一人でも多くの方が人生に悩まず自分らしく生きれるようになって欲しいと心から願っています。