新たにキーボードを購入しました!

IMG_0129

ついに購入しました!PFU社のHappy Hacking Keybord(以下HHKB)。以前から東プレのRealForceかHHKBが欲しくてたまらなかったのですが、やっと手に入れることが出来ました。ちなみに、このHHKBは”HHKB Lite2 for mac”というもの。言うなれば、高価なHHKBの廉価版という位置づけです。

スポンサーリンク

感想

簡単な説明

RealForceやHHKBは打鍵感がとてつもなく気持よく、タイピングのスピードは勿論のこと、非常に文字を入力するのが楽しくなると聞いたことがあります。HHKBに関していえば、プロフェッショナルモデルは静電容量無接点という方式が用いられているのに対し、このLite2シリーズにはメンブレン式が採用されています。メンブレン式のキーボードは他メーカーからも多数販売されています。

打鍵感について

肝心の打鍵感ですが、少々硬い(重い)です。しかし、この硬さのおかげで間違えて隣のキーを押してしまうことが格段に減りました。

MacBookのキーボードは非常に軽いので、最初は違和感がありましたが、慣れてくると手にフィットする感覚の虜になります。

打鍵音について

アマゾンのレビューを見ていると、この廉価版は少し高い“コトコト“という音で、proバージョンは低い“コトコト”であると書いていました。しかし、Macbookのキーボードは非常に高い”カタカタ”という音なので、それに比べると低い印象です。かと言って、音が静かかどうかと言われると、多少なりとも音はします。

個人的には“芯のあるような音”で好きです。

総評

IMG_0133やはり少し硬さが気になるのは否めません。しかし、だからといって使っていてストレスになるかと言われるとそういうわけでもありません。タイピングが非常に楽しくなりました。その理由としては、タイプミスの回数が格段に減ったからなのでしょう。また、使っていて気になるのは、少し手首が疲れるという点。これに関してはもう少し様子を見て報告致します。

しかし約6000円でこのクオリティには十分満足です。HHKBはキーボードの割には高価すぎて中々手を出せない人もいらっしゃるかと思いますが、そんな方はこのHHKB Lite2シリーズから手を出してみてはいかがでしょうか。

ちなみに余談ですが100均の素材で作ったPCボードが使えるようになりました(上記写真参照)。キーボードの横幅の問題で使えなかったのですが、HHKBはテンキーが付いていないため、綺麗に収めることが出来ます(笑)良い忘れていましたが、非常にコンパクトなので持ち運びにも便利です!(ノートパソコンとキーボードを持ち運ぶ人はあまり居ないかもしれませんが…)

スポンサーリンク

About me
Takuya.B
大学院博士課程まで進学して宇宙系の研究に取り組むも中退。現在は本業iOSエンジニアとして勤務する傍ら、副業として個人ブロガー向けのWordPressカスタマイズサービスに取り組んでいる。

WordPressテーマ『MIKA』製作者でありブログサポートコミュニティ『Tea Room』運営。