あなたの悩みを解決するシンプルな方法

こんにちは!Takuya.B(@TB_IQ)です。

私たちは日常生活において多種多様な“問題”に直面することがあります。その問題は時に“悩み”に変貌を遂げることもあります。特に、誰しも人間関係においては一度は悩まされたことでしょう。人間関係においては価値観・懐疑・感情なども含まれてくるので、問題はより複雑かつ深刻化していきます。

しかし、問題解決の一般的なプロセスはいたってシンプルなもので、問題(悩み・原因)→手段・方法(合理的手法)→答え(解決・結果)という流れです。これは学問的な問題も人間関係の問題にも共通していえることだと考えています。悩みにも共通する問題解決のシンプルな方法を説明します。

スポンサーリンク

問題は何か

問題解決の第1ステップは問題が何であるのかをきちんと理解することです。例えば、職場での人間関係に悩んでいるのであれば、なぜこの人間関係の問題が生じたのかをまず考える必要があります。起こりうる全ての物事には原因があり合理的な理由によって結果が導かれます。人間関係も例外ではありません。

まずは問題が何なのか。そしてなぜこの問題が生じたのか、その原因を知ることが問題解決の第一歩です。

答えは何か(どのような結果が望ましいか)

問題解決の第2ステップは答えは何かということです。問題を解決するにあたって、どのような結果になることを望んでいるのかということを意味しています。悪化した人間関係が問題の例であれば、良好な関係に修復するなどがこれにあたります。

先ほどの問題をスタート地点とすると、この結果はゴール地点となります。このゴール地点を決めることで、スタートとゴールをつなぐ道筋(プロセス)を描くことが出来るようになります。

どのような手段を用いるか

問題解決の第3ステップはどのような手段を用いて解決へ導くかです。先ほど申し上げました通り、全ての物事は原因があり合理的な理由によって結果が導かれます。ここでいう手法とは、どのような方法を用いて自分が望む結果に結びつけるかということです。

人間関係を例にすると、お互いの意地の張り合いで関係が悪くなり、どちらかが謝れば関係が元に戻るというもの。ここでいう手段は謝罪です。

ここで最も重要なことは、この手段とは決して1つでは無いということです。この集団を通じて結果が導かれるのですから、もちろん手段を間違えば、最悪の結果を招きかねませんので要注意です。

スポンサーリンク

まとめ

悩みなども含む問題解決の流れはシンプルなもので、問題→手段→結果というものです。その中でも手段は無数に存在するため、慎重にベストな一手を選ぶ必要がありますが、基本的に問題の解決はこのシンプルな流れで構成されています。

問題は何か。その問題の原因は何か。自分はどのような結果を望んでいるのか。以上を踏まえた上でどのような手段を選択するか。

あなたの悩みが一刻も早く解決することを祈っています。

About me
Takuya.B
プロフィール編集中