Swift4 UIAlertControllerのミニマムサンプル+解説

こんにちは!Takuya.B(@TB_IQ)です。

自分用の備忘録としての意味も込めて、UIAlertControllerのミニマムサンプルを作りました。

開発環境は Xcode Version 10.1, Swift4.2 で、検証端末は iPhone7(iOS Version 12.1.4)です。

スポンサーリンク

UIAlertController

iOSアプリでアラートを表示させたいとき、UIAlertControllerを使います。

以下のコードをUIButtonに紐付いたIBActionメソッドの中に記述しましょう。そうすると、上記のGif画像のように、UIButtonをタップしたらアラートを出すことができます。

let alertController = UIAlertController(title: "タイトル", message: "メッセージ", preferredStyle: .alert)

// OKボタン
let okAction = UIAlertAction(title: "OK", style: .default, handler: { action in

  // OKボタンが押されたときの処理

})
alertController.addAction(okAction)

// キャンセルボタン
let cancelAction = UIAlertAction(title: "キャンセル", style: .cancel, handler: nil)
alertController.addAction(cancelAction)

present(alertController, animated: true, completion: nil)

 

各項目の解説

サンプルコードの各行について説明していきます。

1行目: UIAlertControllerインスタンスの生成

let alertController = UIAlertController(title: "タイトル", message: "メッセージ", preferredStyle: .alert)

UIAlertControllerのインスタンスを作ります。

このとき、第3引数を preferredStyle: .actionSheet とすれば画面下からニュッとでてくるタイプのアラート(?)になります↓

4行目: UIAlertActionインスタンス(=ボタン)の生成

// OKボタン
let okAction = UIAlertAction(title: "OK", style: .default, handler: { action in  
  // OKボタンが押されたときの処理
})

続いてアラートに表示されるボタン類の生成です。UIAlertActionのインスタンスを作ります。

第2引数の style: には .default / .cancel / .destructive3種類があります。

.default

.default は通常のボタンです。アラート上には追加した順番に表示されます。

.cancel

.cancel はアラートを非表示にする際に用います。1つのアラートに対して使用できるのは1回だけで、 複数設定しようとするとアラートを表示させたタイミングでクラッシュするので注意が必要。

.alert では 左側(※ボタンが2つの場合)、 .actionSheet では一番下に表示されます。

.destructive

.destructive はこのように赤文字のボタンとなります↑ 削除や取り消しなど、ユーザーに注意を促す場合に使用すると良いでしょう。

スポンサーリンク

UIAlertActionの第3引数のhandlerについて

アラート上のボタンをタップしたときに特定の処理(例えば画面遷移とか)をさせたい場合、第3引数の handler: で処理を記述します。

ハンドラは一般的にクロージャーを使って記述されることが多いですが、次のようにプロパティやメソッド渡すことも可能です。

// ①一般的なクロージャーを使った記述
let okAction = UIAlertAction(title: "OK", style: .default, handler: { (action: UIAlertAction) -> Void in

  print("OKボタンが押されました")

})


// ② プロパティ(クロージャー使用)
let okMessage = {(action: UIAlertAction) -> Void in
  print("OKボタンが押されました")
}

let okAction = UIAlertAction(title: "OK", style: .default, handler: okMessage)


// ③ メソッド
func okMessage(action: UIAlertAction) -> Void {
  print("OKボタンが押されました")
}

let okAction = UIAlertAction(title: "OK", style: .default, handler: okMessage(action:))

 

キャンセルボタンなど特に処理が必要でない場合は handler: nil で構いません。

9行目: UIAlertAction を UIAlertControllerに追加

alertController.addAction(okAction)

生成したUIAlertActionをUIAlertControllerに追加します。

15行目: UIAlertControllerを有効化

present(alertController, animated: true, completion: nil)

最後にpresentメソッドを使ってUIAlertControllerを有効化します。

スポンサーリンク

あとがき

自分の備忘録としての意味も込めてまとめてみました。もし間違っているコードなどあれば、先達の皆様教えて頂ければと思います。

というわけで次回もよしなに!

About me
Takuya.B
大学院博士課程まで進学して宇宙系の研究に取り組むも中退。現在は本業iOSエンジニアとして勤務する傍ら、副業として個人ブロガー向けのWordPressカスタマイズサービスに取り組んでいる。

WordPressテーマ『MIKA』製作者でありブログサポートコミュニティ『Tea Room』運営。