超便利!C言語でgnuplotを動かす方法をご紹介!

こんにちは!Takuya.B(@TB_IQ)です。

久々にgnuplotについての記事です。以前、gnuplotのeps出力について記事を書きました。

関連記事

eps出力に関わらず、何回も画像ファイルを生成するのは正直面倒くさいです。私はそんな悩みを解消するためにC言語でgnuplotを操作しています。

 

えっ?そんなことできるのかって?

 

できます!説明します!

スポンサーリンク

C言語でgnuplotを動かす方法

まず、C言語でgnuplotを動かすために次の3つの関数を使います。

  1. popen…gnuplotを起動する
  2. fprintf…gnuplotにコマンドを渡す
  3. pclose…gnuplotを終了する

これらは外部ファイルの読み込み/書き出しで使用したfopen/fprintf/fcloseに似ています。

実際にsin関数を描画してみよう

それでは、実際にgnuplotを動かすためのCプログラムを作ってみましょう。まずは下のサンプルコードをコピペしてください。

サンプルコード

このプログラムを実行すると以下のように表示されます。

無事、Cプログラムからgnuplotを操作することができました!

解説

▼8行目

外部ファイルの入出力と同じ要領です。このときオプションの” -persist “を忘れないようにしましょう。

▼10行目

gnuplotで入力するコマンド類はfprintf関数を用いて表します。

▼12行目

最後にpcloseして終わり。

スポンサーリンク

まとめ

今日はgnuplotを動かすCプログラムの作り方の説明をしました。

この方法を用いることで、epsファイルを複数回出力しなければならない状況でも、簡単に対処することができます!

是非、参考にしてみてください!